2017/03/25

フルメカニクス1/100ガンダムバエルレビュー

鉄血のオルフェンズ1/100FMガンダムバエルが3月24日にヨドバシカメラで発売されましたので、早速仮組みしてみましたのでデビューします。
組み上げた感想としては当然ながらHGガンダムバエルと比べてディティールが細かくかっこいいという印象でした。
また、プロポーションに関しては他のフルメカニクスシリーズと同じように足が非常に長いスタイルになっています。
逆にいうとフルメカニクスシリーズは皆すべて同じプロポーションと言えるかもしれませんが。
可動域も広くアクションをつけやすい印象です。
HGガンダムバエルと同様にバエルソードを収納するブレイドホルダーが可動式になっていてこれも結構かっこいいですね。
そしてこれもまたHGガンダムバエルと同様に特徴的なスラスターウイングの可動域が広いことがさらにアクション表現を大きく向上させています。
1/100 フルメカニクス 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ フルメカニクス1/100ガンダムバエルパッケージ
個人的にはフルメカニクスシリーズのガンダムフレームと言うのはどうも中途半端な気がしてあまり好きではありません。
というのもディティールが完全に再現されているわけではなく、装甲をつけるためのハメ加工部分がどうしても目立ってしまいます。
このハメ加工部がさらにディティールを損ねてしまっているからです。
ディティールがメカニカルで緻密性に優れていれば見飽きることもないでしょうが、いちど見ればもうお腹いっぱいの感じがしますよね。
ガンプラを供給するバンダイとしては新規金型のデザインを行わずに済むので開発コストを抑えるためには必要なのかもしれませんが。
最近ではRGシリーズという1/144としては緻密さが売りのシリーズも発売されていますが、このRGシリーズのフレームも個人的には邪魔だと思っています。
RGシリーズは装甲はかっこいいんですけどねー。
また柔らかいプラスチック素材を使っているので装甲をつけたときに外れやすい部分がままあります。
このクリアランスが地味にめんどくさい。
とは言えHGシリーズのガンダムバエルと比べるとディティールアップを底上げする参考にはなります。
FM1/100ガンダムバエル立ポーズ斜
技術革新によるヒケが昔と比べると進歩していいると思うんですが、ガンプラに限らずプラモデル全般に言えることですが、でかいパーツのヒケが凄まじい。
そして、えっ?ランナー?と思えるほど太いゲート部分がありました(;^_^)
スラスターウィングの部品がそうです。
私は塗装を前提にしているので、表面処理は絶対にやっておくべき下作業になります。
表面処理って地味でめんどくさいですよね。
ネットでいろいろ検索してみるとサンドブラストと言う表面処理に最適な方法があるようですが、将来的には揃えていきたい設備ですね。
でもかなり大掛かりで場所を大きく使うのでかみさんに相談せずに揃えたらぶっ飛ばされるだろうなぁ。
ちなみにサンドブラストというのはもともとはサビ取りのために開発されたコンプレッサーを使った大きめのエアハンドガンで砂やガラス、金属粉などを吹き付けて表面を処理する道具です。
一般的にはガラスに模様をつけるために使われていることが多いようですね。
模型の表面処理として使うにはもう少しパワーを抑えたものを使用する必要があります。
じゃないとディティールを全部吹っ飛ばしてしまう悲惨な目に会うことになります。
FM1/100ガンダムバエル立ポーズ正面
1/100FMガンダムバエルの仮組みして気になった事はディティールアップでは定番の装甲の裏側や各パーツのシャープ化などなど。
これらはプラ板で塞いで、軽くディティールアップしていこうと思います。
FM1/100ガンダムバエル両剣ポーズ
なので、改造らしい改造はせず軽めのディティールアップで制作していこうと思います。
スポンサーサイト
2017/03/09

HGガンダムバルバトスルプスレクスレビュー

HGガンダムバルバトスルプスレクスを仮組みしてみました。
う〜んイマイチ・・・・
バランスが良くないですね。
1/100フルメカニクスのガンダムバルバトスルプスレクスの完成ショットを見る限りそれほどバランスは悪くないのにHGガンダムバルバトスルプスレクスは全体的な印象として腕、特に前腕が大きすぎます。
アクションをつけてのショットは迫力が出て良いのかもしれませんが、ノーマル立ちでのショットが少ないのはバランスの悪さをごまかすために感じられます。
ガンダムバルバトスルプスレクス
さて、これからどういう風にいじって行こうか悩みどころ満載(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。