2006/05/30

ガブスレイ製作中3

ガブスレイ製作中2に続いてガブスレイ製作中2に続いて

センサー
H
各センサー部分をくり抜いてHアイズ及び透明プラ版に蛍光ピンクを塗ったものに置き換えました

後部アーマー
しっぽ
ガブスレイはオスだったのか?パーツを差し込むための突起が非常に気になったので去勢?してメスにしました(笑)プラ版を貼付けてパッケージのイメージに近付けました。

腕部バーニア
ガブスレイバーニア
腕のバーニア部分がデフォルトではあまりにも素っ気ない。真鍮線とプラ版でディティールアップしました。

大腿部(太もも)
ガブスレイ補強
大腿部のアーマー部分の強度に不安があったので真鍮線を通しておきました。

ワンポイントテク
ガブスレイパーツ
プラ版に両面テープを貼って細かい部品を貼付け塗装します。こうすることによりバーニアの口がマスキングでてきますし、効率的に塗装することができます。

後少しで完成です。
「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
2006/05/29

ギャン製作中1

ギャンの仮組が終了
ギャン正面ギャンギャンリア
プロポーションは抜群ですね~
手を加える箇所は筋彫りの新調くらいで
仕上がりの良さが期待できそうです。

とりあえずこれから塗装に入って行きます。
ギャン製作中2→
ギャン製作中3→
「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
2006/05/29

相互リンク大募集!!

「ガンプラマスターの夢ブログ」では相互リンクしていただける方を募集しています。ブログ・ホームページは問いません。

「ガンプラマスターの夢ブログ」と相互リンクをご希望の方は…
・相互リンク希望っ
・リンクしてー
・ヨロシク

など、本当に適当な文章でいいのでこの記事のコメントに書き込んでください。相互リンクご希望のサイトをこちらから訪問させていただき、当サイトのリンクが確認されしだい、リンクを貼らせていただきます。


注)相互リンクはガンプラ関係のサイト様を希望いたしますが、ご依頼があればジャンルは問いません。ただし、アダルト関係、違法性があると思われるサイト、当サイトに相応しくないとこちらが判断した場合は相互リンクをお断りさせていただく場合もございます。
TOPページ→
2006/05/27

ギャン購入!

昨日、ギャンを購入

ガンプラのブログをあちこちのぞいてみると
やはり、ギャンは話題の渦中となっているようだ。
ファーストガンダム世代のわたしにとって
やはり、気になるところだった。

ファーストガンダム放映当時、劇中でマクベが操縦するギャン。
アムロ操縦するガンダムを苦境に立たせた高性能モビルスーツは
シャアが操縦をしていればどうなったろう?
ニュータイプに覚醒する前のアムロ相手であれば、
あるいはガンダム撃破なんてことも・・・
などと思いを馳せていたものだ。

さっそく、中身を袋から出して仮組をはじめてみた。
ギャンが発売されることは以前からチェックしていたが
詳細についてはそれほどチェックしていなかった。
作業を進め、説明書に目を通していくうちに

「おォ~~!!」

と、思わず一声。

ビームサーベルに仕込める発光ダイオードがキットに
付属している。

流石、最新のキットだと感心してしまった。

上半身の仮組をおえて就寝。

今後の作業にワクワクと期待感をつのらせて。
「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
2006/05/18

ガブスレイ製作中2

仮組でプロポーションをチェックしたところ
ディティールに不満がある部分を
洗い出し、各々変更するところに
手を加えて行きます。

頭部
モノアイ部分はデフォルトだとほとんど露出されないため
モノアイにかかる額の逆三角形を削り込んで
約1mmのHアイズを使用して露出するモノアイ部分を強調。
ガブスレイ頭部前
ガブスレイ頭部


ショルダー
パッドの凹んだ五つの穴のディティールが浅いので
ピンバイスで彫り直しました
ガブスレイ肩


胸部の筋彫り強調
塗装しただけでは平淡な印象の脇腹あたりを筋彫りしてエナメルのフラットブラウンで墨入れガブスレイ胸部


以降またガブスレイ製作を更新していきます。
FC2 Blog Ranking
「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→
人気ブログランキングへ
2006/05/17

ガンダムTR-1[ヘイズル]参考資料集

2006/05/16

ガンダムプラモデル(ガンプラ)の基本的な作り方

ここでは、ガンダムプラモデル(ガンプラ)の基本的な組み立て、塗装から完成までの作り方を紹介!

まずは部品を仮り組して、部品の合わせ目が目立つところ、形成色と実際に塗装する色が違っているところ等を確認していきます。

部品を仮り組する際は、部品をはめ込むダボ(ピン)を切ってしまいます。ただし、根元から全部は切らないよう注意して少しだけのこしておくと後でスムーズに分解できます。そのままだとかなりきつく、場合によっては分解できなくなってしまいます。また、ガンダムのプラモデルは可変型のモデルの場合、部品を脱着する箇所がありますので説明書を確認しながらダボを切りましょう。間違えると可変型モデルが可変型ではなくなってしまいます(汗)

部品の合わせ目が目立つところをチェックしておき、接着後ペーパーがけ、場合によっては溶きパテを塗布しておき、ペーパーがけします。このときスジ彫り部分が浅くなる箇所は、けがき針で彫り直します

全体のバランス、合わせ目を消す場所や塗装する色を確認したら、色分けが必要ない箇所や他の部品に影響しない箇所は接着・ペーパーがけをしておきましょう。

次に色別に部品を分けて、塗装していきます。
塗装する前にサーフェイサー(ベース塗料)を塗装します。このサフ(サーフェイサーの略)吹きは、塗料の発色をよくしたり、細かい傷をあるていど補ってくれる役割があります。基本的には色の濃い所はグレーのサフ、色の明るいところはホワイトのサフと2種類のベース塗料をそろえておくのがベターです
塗装の際、エアブラシは広い面積の塗装に便利です。全てエアブラシで塗装するのはマスキングの手間がけっこうバカになりませんので、細かいところは筆塗りをおすすめします。
エアブラシがない場合は筆塗りとなるわけですが、筆は毛が細く腰のかえりが適度なものを選びましょう。
おすすめはナイロン毛の筆が使いよいとおもいます。
筆塗りのコツは数回にわけて塗り重ねることです。塗料の粘度は水性塗料やエナメル系の場合はボトルから直接、筆につけて1、2回できれいに塗装できるでしょう。ラッカー系の塗料は溶き皿にとって薄め液をスポイトですこしずつ薄めてやや薄めの塗料を3回以上で塗るときれいに仕上がります。ラッカー系の塗装の場合筆の返し塗は厳禁です。1回塗ってむらになっても完全に乾いてから重ね塗りした方がキレイに仕上がります。
重ね塗りの場合は塗料によらず、1回目は縦方向に塗った場合は2回目は横方向に、3回目は斜にと重ねて塗っていくのが基本です。

筆塗りのコツ→

腕や足の関節部分の塗り忘れに注意しましょう。
組み上げてしまうと塗装できなくなることがありますので
かなりかっこわるいことになってしまいます(笑)

塗装が終わったら、組み立てに入ります。
いままでの作業が実を結ぶ感動的な(?)
瞬間でもあります。

ドライデカール、シールを貼って墨入れ
ウェザリング(汚し塗装)をして
めでたく完成です!!
TOPページ→
人気ブログランキングへ
2006/05/15

ガブスレイ製作中

HGUCガンダムTR-1ヘイズル改の製作もほぼ終わり
今、HGUCガブスレイ、HGUCガサC
の製作にとりかかっています
まずは、ちゃきちゃきっと仮組を
して合わせ目、色分け部分、後はめ部分の確認
続いてガブスレイの合わせ目消し
この作業がいちばんめんど~ですが
全行程の中で一番大事なんですよね。
最終の仕上がりが一番左右されるので
とにかく
研摩
研摩
研摩
とひたすら磨くわけです。
「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→
人気ブログランキングへ
2006/05/15

工具・材料

工具・道具類

薄刃ニッパー 薄刃ニッパーは、通常のニッパーに比べて切り口がキレイに仕上がります。
TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02 TUNODA 薄刃ミニニッパー 120mm TM-02
ツノダ
詳細

クラフトツール 薄刃ニッパー(ゲートカット用)


エアブラシ コツを覚えると初心者でもプロ並みの塗装が可能な優れもの。ハンドピースと呼ばれる本体とエアコンプレッサーまたは、圧縮エアボンベを組み合わせて使用します。
GSIクレオスPS351Mr.リニアコンプレッサープチコンクレオスPS351プチコン
おすすめ度 :
入門者にはうってつけのコンプレッサーです。作業している時の音は非常に静かで夜でも気にせず使用できます。わたしも使っているオススメ品です。


Mr.リニアコンプレッサーL5/エアブラシセット PS301 Mr.リニアコンプレッサーL5/エアブラシセット PS301
ジーエスアイ クレオス
詳細
GSIクレオス PS267 プロコンBOY FWAダブルアクションタイプ エアブラシ
GSIクレオス PS267 プロコンBOY FWAダブルアクションタイプ エアブラシ

おすすめ度 :




カッターナイフ 部品を切り取ったり、削ったりと、模型製作になにかと多用される道具です。


精密ピンセット 先端が精密に出来ていて、小さな部品の取扱いに便利。オイルストーンで研摩するとより細かな部品をとり扱えます。
クラフトツール 精密ピンセット(ツル首タイプ)


調色スティック 色を混ぜ合わせる時や、塗料をかき混ぜてオリジナルの塗料を作るときに使います。

デザインナイフ 普通のカッターでは作業しづらい、細かい部分の作業に適しています。
クラフトツール デザインナイフ


ニッパー ランナーから部品を切り離す際に使う工具
TTC 精巧ニッパー 120mm PM-120 TTC 精巧ニッパー 120mm PM-120
ツノダ
詳細



Pカッター 手前に引く事により、プラスチックを削り取る感じでカットする鍵型刃のカッターです。
OLFA P-800型 17B OLFA P-800型 17B
オルファ
詳細


ピンバイス プラスチック等に穴を開ける道具です。極細ドリル刃は折れやすいため取扱いには注意が必要です。
タミヤ精密ピンバイスD(0.1~3.2mm)74050タミヤセイミツピンバイスD
おすすめ度 :


クラフトツール 精密ピンバイスD


ヤスリ 部品をパーツから切り離した際の凸凹等をならしたりするのに使用します。
ヤスリホウダイ ( ペタッチ付き )


材料類

エポキシパテ 主に改造などに使うパテ。2種類の薬剤を練り合わせて硬化させる。
ミリプット・エポキシパテ(グレードS)


クリップ 部品を塗装する際や、接着後に圧着しておくのに便利です。

コンパウンド プラモデルの表面をとても細かく滑らかに仕上げるための研磨剤です。
セラミックコンパウンド ハセガワ製
おすすめ度 :

タミヤコンパウンド(仕上げ目)タミヤコンパウンドシアゲ
おすすめ度 :

タミヤコンパウンド(粗目)87068タミヤコンパンドアラメ
おすすめ度 :




瞬間接着剤 瞬間接着剤は小さな部品を接着する際、ある程度の強度が必要になる場合使用します。
HKB-AC1 瞬間接着剤 HKB-AC1 瞬間接着剤
サンワサプライ
詳細


タミヤセメント プラモデル・模型を組み立てる際に使用する一般的な接着剤です。
タミヤタミヤセメント(角ビン)87003タミヤセメント(カクビン)
おすすめ度 :


タミヤセメント(流し込みタイプ) 流し込みタイプの接着剤は、通常の接着剤と違い部品の隙間に流しこむタイプの接着剤です。
タミヤセメント(流し込みタイプ)87038タミヤセメントカクビンナガシコミ
おすすめ度 :



タミヤ光硬化パテ 蛍光灯の光を当てると約2分で固まる便利なパテです。
タミヤタミヤ光硬化パテ87076タミヤヒカリコウカパテ
おすすめ度 :




フィニッシングペーパー プラスチックの表面を滑らかにするために400番~2000番のものがよく使用されます。

ポリパテ(ポリエステルパテ) 硬化剤を添加することにより固まるパテ。ヒケがなく造型用に使用します。
フィニッシャーズ ポリパテスタンダードフィニッシャーズ ポリパテスタンダード
おすすめ度 :



Mr.マークセッター マークセッターはデカール軟化材+接着剤で、ノリが弱いデカールなどを補強します。

Mr.マークソフター プラモデル・模型のデカールを軟化させる軟化材です。

綿棒 ウェザリング塗装の際には細かなふき取りなどに使用します。


ラッカーパテ 通常の凹みや部品の合わせ目消しに使いますが、完全に乾くまでに時間がかかります。


塗料類

エナメル塗料 エナメル塗料は、発色・塗料のノビがよく、特に筆塗り塗装に向いていています


サーフェイサー(ビン入りタイプ) ビン入りタイプのサーフェイサー。凹み、キズの修正から下地仕上げに使用します
タミヤサーフェイサー(40mlビン入り)87075タミヤサフェーサービン40
おすすめ度 :


サーフェイサー(缶スプレータイプ) 缶スプレータイプのサーフェイサーで、気軽に下地仕上げが可能。
タミヤファインサーフェイサーL(ホワイト)87044タミヤファインサフェーサーシロ
おすすめ度 :
タミヤスーパーサーフェイサーL87042タミヤスーパーサフェーサーL
おすすめ度 :



水性アクリル塗料 アクリル塗料は臭いもそれほどきつくなく、筆も水で洗えるためとても気軽に使用できますが皮膜が弱いです


塗料皿 塗料皿は、塗料を混ぜ合わせてオリジナルの色を作る際に便利です。


ラッカー塗料 ラッカー塗料は乾燥が速く、発色が良く、乾燥後の塗膜も強いので非常によく使われています
GSIクレオス Mr.カラーGSIクレオス Mr.カラー
おすすめ度 :



「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→

人気ブログランキングへ
2006/05/15

プラモデル用語集

プラモデル用語集
順次更新予定


アクリル アクリル板など。硬く透明度が高い。ガラスの代用として使われる。専用の接着剤が必要。

ウェザリング 汚れを表現する塗装。汚し塗装。

ウォッシング サラサラに薄めた塗料を塗り、直ぐに拭き取り、深みを出す技法。

合わせ目消し プラモデルの部品と部品を接着した際にできる境目をやすりなどで削り、自然に見せること。


仮組み 主なパーツを接着しないで組み立て、合わせなどのチェックするための組み立。

混色(調色) 色を混ぜ合わせ独自の色を作ること。


シリコンゴム 部品を複製する際に原形の型取りに使用される。

真鍮 真鍮性の素材を指す。線材、板材、パイプなど各種あり改造や加工などディティールアップに多く使用する

スミイレ サラサラに薄めた塗料を凹部に流し影とする技法。

接着剤 素材にあわせ各種あるがプラモデル用としてはタミヤセメントとその流し込みタイプが一般的

素組み 無改造でキットをそのまま組み立てること。ストレート組み、パチ組みともいう。


ダボ 部品の組み立ての時、合わせる穴に入れるピン。

治具 工作を楽にするための道具の総称。状況にあわせ自作する道具の意。

デザインナイフ 先の鋭いナイフの一種。

研ぎ出し 1000番から2000番程度の耐水ペーパーで磨き、コンパウンドで磨き上げること。

ドライブラシ 塗料を筆から拭き取り、残った塗料を凸面にのせる塗装技法。


ハイライト エッジや頂点に光が反射して光る様子。白を書き込むこと。

バリ 型の隙間に樹脂が流れて成形された不要部分。パーティングライン沿いにできる。

Pカッター プラ板を切り出す専用カッター。

ヒケ 成形された樹脂が硬化したときに収縮して凹んだ個所。

ピンバイス 小さなドリルで穴をあけるための道具。

プラバン プラスチックの薄板。各種厚さ、サイズがある。改造や加工などディティールアップに多く使用する。治具を自作する場合にも多用する。

ブレンディング 塗装面上で色を混ぜ合わせぼかす手法。

ペーパーがけ サンドペーパーや耐水ペーパーで磨く(削る)こと。


マスキング マスキングテープなどでマスクして塗り分ける手法。


ルーター(リューター) 溝掘りをする電動工具または溝掘り用ビットの意。(トリマーとも言う。)小型電動ドリルを指すこともある。各種ビットで研摩や穴あけに使用
「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→
人気ブログランキングへ
2006/05/07

ガンプラ生活再び

最近またガンプラが流行りだと知人に聞き及んだ。

「へぇ~、そうなんだ~」

その時はこんな話題を聞いたことをほとんど聞き流していた
ふと新宿に用事があり街を何気なく散策していると
そうだ、そういえばガンダムのプラモデルがまた流行っているんだと、
以前聞いた話題を思い出し、さくらやのホビー館に
立ち寄ってみた。

昔、私がガンプラにハマっていた頃と比べると随分と
道具や材料が充実していたことに驚いた。

「また、作ってみようかな」

そう思い、家に帰り20年来、押し入れに眠っていた
古道具をひっぱりだしてきて足りない道具類を
後日買いに再びさくらやへ向かった。

塗料、接着剤、ヤスリ、パテ、溶剤などと
ピンバイスの刃は錆び付いていて使い物にならず
これも買い足し、これらの道具類と合わせて
ガンプラのキットをいっしょに買込み
製作をはじめてまた驚いた

プラモデル自体のディティールが格段に向上しているし
接着剤を使用しなくても組上げることができるし
同一のランナーが色違いでセットされている

こうしてまた私のガンプラ生活がはじまった
「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→
人気ブログランキングへ