2006/09/29

ガブスレイ製作中4

ガブスレイ製作中3に続いて

やっとガブスレイが完成!

と思ったら、ライフルを握る手の合わせが甘くライフルを握れない!!

写真はしかたなく両面テープで張合わせた状態(大汗・・・。)
なので参考程度のシルエット撮影です
ガブスレイ仮撮影



ガブスレイはポーズをとる際、

ライフルの握りを変える必要が出てくる・・・・。

そのまま接着することもできない。

さて、どうすればいいだろうと考えて


私がとった方法はというと
下の写真の様に手の甲と4本の指を接着して
親指部分を切り離すという方法をとりました
ガブスレイ切り離し手


写真はノーマル状態
ガブスレイノーマル手


写真は改造後の状態
ガブスレイ改造後手


これでライフルがきっちり握れるようになりました!!
ガブスレイガン握り


後は改造部のリペイントとデカール張り付け
トップコートをかければほんとに完成。
近日ガブスレイのギャラリーを公開予定です。
「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→
人気ブログランキングへ
2006/09/25

ガンプラ技量別製作工程その1

ガンプラ製作工程を初心者〜上級者までを独断と偏見で形態化してみました。
以下の工程を重ねる程、仕上がりがよくなるはずですので、慣れるにしたがい、
挑戦することをおすすめします。
以後、加筆修正の更新をしていく予定です。
ガンプラ技量別製作工程その2→

マーク凡例]
=初心者 ☆☆=中級者 ☆☆☆=上級者 ☆☆☆☆=プロ級

1.☆☆パーツ洗浄
パーツをランナーごと中性洗剤で洗浄する。行程は簡単だが塗装の仕上がりに影響を与えるので塗装を行う場合はした方がいいです。また、部品の表面を磨き込む場合は、部品の研磨後に洗浄します。成形を活かした組み立ての場合は省略する。


2.ランナーからの部品切り離し
これをしないことには、絶対に完成しない工程ですが、部品の切り口によって完成度に格段の差がついてしまいます。
 ニッパーのみの切り離し
 ☆☆ニッパーの切り離し後、デザインナイフ、カッターナイフで切り口を整える
 ☆☆☆ナイフで切り口を整えた後1000番以上のペーパーで磨く

ニッパーでの切り離しの際は薄刃ニッパーと呼ばれる専用のニッパーを使うと綺麗な切り口で仕上げられます。切れ味の悪いニッパーやカッターでは部品をランナーから引きちぎるようになってしまい、凹みができてしまったり、切り口が白くなってしまいますので注意しましょう。


3.☆☆仮組
プロポーションや塗装すべき箇所等をチェックするために行います。塗装しない場合には不要な工程。
 組み立て。はじめてガンプラを作る場合はここで一気に終了するのもよいでしょう。
 ☆☆ダボ切り、連結部の穴を丸ヤスリ等で広げて仮組後、組み立て後に塗装するか組み立て前に塗装する箇所や合わせ目を消す必要がある部分をチェック。ここで注意する点はZガンダムなどの可変型モデルの場合や、マスターグレードシリーズなど部品の脱着が必要となる箇所は説明書で確認しながら注意しましょう。ここを間違えると可変型モデルじゃなくなってしまいます!
 ☆☆☆プロポーションやより見栄えをよく仕上げるための改造、修正箇所をチェックして、構想を練ります。
ガンプラ技量別製作工程その2→
「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→
人気ブログランキングへ