2008/10/28

HG(ハイグレード)ガンダムエクシア改造アヴァランチエクシア制作その9

HG(ハイグレード)ガンダムエクシア改造アヴァランチエクシアのマニピュレーターが完成しました!
これでようやくHG(ハイグレード)ガンダムエクシア改造アヴァランチエクシアの完成となります。 今回はスクラッチしたマニピュレーターの制作詳細と完成したHG(ハイグレード)ガンダムエクシア改造アヴァランチエクシアの 画像を数点アップしました。全体の詳細画像はただいま撮影中です。

前回の制作記は→

1/144のB-CLUBシラヌイアカツキガンダムのハイディテールマニュピュレーターをキャストでおこして、それを エクシア用に形成し直すという方法をとりました。下の画像の左から今回スクラッチしたエクシア用のマニピュレーター、真ん中がキットのもの、右側が1/144のB-CLUBシラヌイアカツキガンダムのハイディテールマニュピュレーターです

エクシアマニピュレータ1

下の画像の左から今回スクラッチしたエクシア用のマニピュレーター、真ん中が1/144のB-CLUBシラヌイアカツキガンダムのハイディテールマニュピュレーター、 右側がキットのもの。

エクシアマニピュレータ2

下の画像の左から今回スクラッチしたエクシア用のマニピュレーター、真ん中がキットのもの、 右側が1/144のB-CLUBシラヌイアカツキガンダムのハイディテールマニュピュレーター

エクシアマニピュレータ3

画像で確認していただけると思いますが1/144のB-CLUBシラヌイアカツキガンダムのハイディテールマニュピュレーターとスクラッチした エクシア用のマニピュレーターの形状もディテールも完全にカスタマイズしており、全く別ものになっているのがお解りいただけるでしょうか? 制作工程はキャストで複製したものをエクシア用にカスタマイズするために、複製したものを分割しパテを盛って形状とディテールを整えたわけですが ここで使用したパテはアルテコのHGパウダーにシアノンという白色の瞬間接着剤を媒体として使用しました。このシアノンを使用するとキャストへの 食い付きがしっかりとしますし、筋彫りや形成の切削性が非常に優れていますのでおすすめです。切削に使用した工具はデザインナイフとBMC超硬タガネ 各種サイズを駆使して形成しました。このBMC超硬タガネは0.15mm~から3mm幅のきめ細かなサイズがリリースされていて精密なディテール出しや 成形に絶大な効果を発揮します。最近では「BMCタガネZERO」という先端に特殊なカットを施したものもリリースされていますが、需要が多く在庫切れ 必至の人気商品のようですね。わたしはBMC超硬タガネの0.15mm、0.2mm、0.5mm、0.9mmを所有していて今回の彫刻はこれらを使用しました。

完成したアヴァランチエクシアフロントショット

アヴァランチエクシアフロント

アヴァランチエクシアサイドショット

アヴァランチエクシアサイド

アヴァランチエクシアリアショット

アヴァランチエクシアリア

全体の詳細は近日中に公開したいと思います。前回の記事から随分立ってしまいましたが、実は、わたしは今骨折中です。骨折場所はあごでして、 骨折してから3週間ほどたちますが鎮痛剤を服用しながらも食事の度にしばらくの時間は痛みで動けなくなってしまう状態が続いておりますので、 たださえ遅い制作スピードがさらにスピードダウン。早く治らないかな~

人気ブログランキング

「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→

スポンサーサイト
2008/10/02

HG(ハイグレード)ガンダムエクシア改造アヴァランチエクシア制作その8

HG(ハイグレード)ガンダムエクシア改造アヴァランチエクシアのスミ入れ とデカール作業が終了したのでようやくHG(ハイグレード)ガンダムエクシア改 造アヴァランチエクシアが完成!
しかし、全体のバランスを見てみてどうしても握り手のマニュピレーター部分が 気になり、急遽握り手のマニュピレーターをスクラッチする事にしました。キットの付属 の握り手マニュピレーターはビームサーベルや大剣を装着させればそれほど気に ならないのですが、なにも持たない状態ではどうしてもディテールが箱のような 印象が強く不自然に感じてしまいます。B-CLUBのハイディテールマニュピュレーターがあればてっとり早いのですが 相肉どこも在庫切れです。今回は完成したHG(ハイグレード)ガンダムエクシア改造アヴァランチエクシアの 一部の紹介とマニピュレーターの制作状況をお伝えします。

その他のHG(ハイグレード)ガンダムエクシア改造アヴァランチエクシアの制作記は↓

マニュピレーターの制作手順として一からスクラッチするのは流石に手間がかかります。 そこでガンダム系のB-CLUBのハイディテールマニュピュレーターをキャストでおこして、それを エクシア用に形成し直すという方法をとりました。下の画像がキャストでおこして大まかに エクシアにマッチするように形成した荒削りの状態です。
これを元にさらにパテ盛りからディテールをブラシュアップしていきます。

エクシアマニュピレーター

手の甲はげんこつ状態だと左側のように折れ曲がる状態が設定となっています。右側はキットの手の甲の装甲でこれからキャストをおこして 画像の真ん中のように切り離し左側のように形成しました。

エクシア甲

さて、ここからマニュピレーター以外で完成したHG(ハイグレード)ガンダムエクシア改造アヴァランチエクシアの一部をご紹介 します
まず頭部ですが、アンテナ部分は定番の削り込みでシャープに加工し、ヘッドサイドの通気孔はキットのディテールを全て削り落として 開口し、センターの仕切り板状の白い部分は0.5mmプラ板に差し替えてさらにシャープに削り込みディテールアップ。画像では確認しづらいかもしれませんが フェイスセンターの白い部分は超硬タガネで段落ち状態に削り込んで小顔となる効果をねらいました。なにせ、1cm四方にも満たない フェイス部分の削り込みには神経を使いましたが、さほど効果的に仕上がっていないような気がするのが悲しいところです。(爆)

アヴァランチエクシア頭部

肩のアヴァランチエクシアユニットは設定通りに可動するように、ポリキャップを仕込んでいます。下の写真の状態からすぐしたの写真のように 可動します。

アヴァランチエクシアショルダー1 アヴァランチエクシアショルダー2

そして、GNコンデンサー格納部も設定通りに可動するようポリキャップを仕込んでいます。制作工程はいずれもプラ板とエポキシパテ、光硬化パテ、 アルテコ(瞬間接着パテ)などで形成しています。

アヴァランチエクシアショルダー3

GNコンデンサーの別カットです。GNコンデンサー部は市販のディテールアップパーツで丸モールド等を組み合わせてさらに加工して キャストで複製して制作しました。

GN粒子コンデンサー

マニュピレーターの制作にはまだ結構かかってしまいそうです。早く完成させて画像をアップしたいのですが、最近仕事が結構忙しく中々時間がとれないのが辛いところです。

人気ブログランキング

「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。