2009/04/27

MG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)制作その5

MG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)の制作は基本塗装をほぼ終了して、ようやく完成が見えてきました。 ブログの更新を行っておりませんでしたが、MG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)の制作工程は徐々にお伝えしていこうと 思っています。今回はエッジ部分の研ぎ出しを行った各パーツを主におつたえします。MG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)は 曲面構成とエッジのバランスに優れた秀逸なキットですが、各エッジ部分をよりシャープに仕上げることでさらに際立った精悍さを増す仕上がりを目指しました。 下の写真はMG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)のサイドアーマ部です。金色のパーツのエッジをシャープに削り出して一部モールドを 追加し、金色パーツの内側にモールドを追加してシルバー塗装しました。内側のシルバーに塗装した部分はほんの一手間を加えるだけで 見栄えがぐっとアップしますのでおすすめです。また、バーニア部のエッジを限界までシャープに研磨しメッキシルバーで塗装することで金属感を高めています。 シナンジュサイドアーマ 同じく金色のパーツ部をシャープに削り出しています。バニーア部も上記と同様の処理を施しました。また、アルミパイプを仕込みディテールアップを図っています。スパイクアーマ部は先端部分にアルミ板を挟み込んでエッジのシャープさと強度を実現しています。 シナンジュショルダーモールド フロントアーマの金色もシャープに仕上げています。フロントアーマーの最下部の先端もシャープに削り出しを行いました。このフロントアーマの部分は合わせ目がかなり目立つ部分でしたがしっかりと処理してあります。 シナンジュフロントアーマー 足首の裏側のシリンダー部を真鍮パイプに差替えし質感アップを図っています。MG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)の足首サイドのアポジモータ(?)部も真鍮パイプでディテールアップ。 シナンジュ足首 臑の部分も上記と同様の処理でディテールアップ。 シナンジュスネ MG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)のランドセル部のバーニアとスラスター部のエッジをシャープにしモールドを追加してディテールアップしています。スラスター部は白色のパーツを外してバーニア部がわかりやすいようにするために外して撮影を行っています。 シナンジュスラスターバーニア 巷ではモデラーズサミットがかなりの盛り上がりを見せているようでわたしも参加しようと目論んでいましたが一次、二次とも受付に間に合わず参加を果たすことができませんでした。無念です。二次の応募はわずか6分で応募終了とは!!! 1分に泣いた方々も多くいたのではと推察されます。 しかたがないので、10月には一般参加者として参加者の作品を拝みに行くことにします。当日は参加者だけで150人か・・・。一般参加として入場できるのだろうか?

人気ブログランキング

「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→

スポンサーサイト
2009/04/17

MG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)制作その4

ブログ更新をする気力がなくなるほど忙しい日々が続いており、MG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)制作が滞っています。 今回は気分転換にMG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)に付属しているフルフロンタルを細部まで塗装しましたので、画像アップします。 このフィギュアの大きさは約17.5mm程の大きさで、顔の大きさは2mmほどです。 フルフロンタル斜 フルフロンタル正面からのショット。これだけ小さいとマスキングなんて逆に必要ない。というよりできるわけがないので面相筆で基本色をざっと塗り分けます。 フルフロンタル前 その後シャドウ部分を基本色にほんの少しグレーを塗料皿にときながら、筆に少量つけて塗る。というより点を置いて行くと行った感じ。その後ハイライトを今度は基本色に白を少量混ぜて色をおいて行き、フラットベースを薄め液で希釈してブレンディングして仕上げました。金モール部分はタミヤのエナメル塗料のゴールドを使用しています。 フルフロンタル後 なぜ、このような工程を踏むかというとこれだけ小さいものに基本色が赤の部分を1色の赤だけで仕上げると陰影が表現出来ないためのっぺりとした、立体感を損ねることになってしまうからです。下の写真は1円玉との比較です。なんとなく大きさが伝わるでしょうか? 1円とフルフロンタル比較 同等の工程でコクピットのフルフロンタルも彩色しました。 コクピットフルフロンタル1 これだけ手間をかけても本体に組み込んでしまうとブーツの部分しか見えなくなってしまうのが悲しいところです。 コクピットフルフロンタル2 同じくフルフロンタルコクピットと1円玉との比較 1円とコクピットフルフロンタル比較

人気ブログランキング

「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。