2009/05/21

金モール塗装なんかこわくない!!MG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)制作その7

MG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)を塗装するにあたって金モール塗装に二の足を踏んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
確かに正攻法でMG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)のような複雑で面積の少ない部分の塗装をしようとするとある程度の熟練度が必要なマスキングを行わなければなりません。そこで今回は初心者でも比較的簡単かつきれいに仕上げられるMG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)の金モールド塗装法をご紹介します。
まず、このようなモールドの塗装を行う場合は大雑把に分けてフリーハンドで筆塗りまたはマーカータイプの塗料での塗装か、比較的高度な技術を要するマスキングを施してから筆塗りまたはエアブラシでの塗装となります。マスキング塗装の利点はエッジがシャープに仕上げることができる反面マスキング作業時に塗装面を傷つけやすいといったリスクがともないます。フリーハンドの利点は手軽に塗装出来る反面エッジが歪んでしまうといった弱点がありますが、MG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)の場合しっかりとしたガイドとなるモールドがありますので今回はフリーハンドでエッジを立たせる仕上げを目指します。方法は後述しますのでゆるゆると読み進めていただければ幸いです。
下の写真のようにMG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)のシールド部のエングレービング塗装を大胆にもマスキング無しで大幅にはみだして塗装(説明用に分りやすくするためいつもより多めにはみだしてます(爆))
シナンジュシールド塗り分け
はみだした部分を取り除き仕上げたものが下の写真です。いかがでしょうか?エッジをしっかりと立たせることが出来きた仕上がりになっているのではないでしょうか?かといってわたしが高度な技術をようしているからこのような仕上がりになったわけではありませんのでご安心ください。
さてここから種明かしです。今回使用したゴールドはタミヤのエナメル塗料のゴールドリーフを使用しています。エナメル塗料は塗膜が弱く、パーツを劣化させる溶剤が含まれているのでとかく敬遠されがちですが、その塗膜の弱さを利用してはみだした部分をつまようじで削りとる方法をとりました。最大の注意点はベース塗装はラッカー塗料を使用し塗装面の表面処理をしっかり仕上げるのがコツとなります。ベースとなるブラック塗料の表面が梨地となるような場合はうまくつまようじで削りとることが出来ませんのでしっかりと表面処理を行いましょう。
また、ベースカラーとなるブラックはつや消しの場合だと同じくつまようじでかきとることはできませんので、あくまでもブラックは光沢のものを使用するのがよいでしょう。
そして次に注意すべき点はつまようじの先端部ではなく斜めに傾けてかき取ることです。先端部はモールド部ををガイドとして必要な塗装面を傷つけないよう注意しながら軽い力で何度も反復しながら少しずつ削りとりましょう。作業をすすめていくと力加減がだんだんわかってくると思います。
初心者の方の場合は、全面塗装をしないでポイント塗装で仕上げる簡単仕上げには絶大な効果が期待出来る方法です。なぜならベース塗料を傷つける心配がありませんのでつまようじである程度力を入れ過ぎても綺麗に仕上げられるはずだからです。
シナンジュシールド金モール
上記の方法で仕上げた膝モールド部です。ブラックでのリタッチをまったく行わずにつまようじでの削り取りのみでここまで仕上げる事ができました。ブラックがわずかに入り込んだエングレービング部のライン部だけはつまようじの先端部を使用しました。
シナンジュ膝金モール
同じく全体の金モール部分は同様の方法で仕上げてあります。部分的には下地のブラックまで削れてしまったためブラックでリタッチしています。
地見に大変だったのが手首部分の合わせ目消し。この部分の表面処理にかなり手こずりました。
シナンジュ金モール全体
ほぼ完成しましたので近いうちに完成写真を公開したいと思います。

人気ブログランキング


「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→

スポンサーサイト
2009/05/07

MG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)制作その6

今回は機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)第8巻の特装版に付属するMG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)対応のバズーカ詳細をアップします。また、バズーカおよびライフルの持ち手の保持力の弱さに頭を悩ませている方のために簡単に保持力をアップする方法をお伝えします。

ちなみにこのバズーカは限定予約で機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)第8巻の特装版を購入した場合のみ入手できるしろものですのでこれから入手しようとする方は難しいかもしれませんが、ただのおまけと侮るなかれです。若干ヒケは多いような気がしますが、MG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)に付属のライフルとの合体やスコーブ部の組み替えによる機能強化、本体へのマウントも可能な設計となっております。

下の写真が完成したバズーカです。スコープ部をHアイズに差し替え、弾丸発射口サイド部に金属パーツ埋め込み等のディテールアップを行っています。

シナンジュバズーカ

バズーカのスコープ部です

シナンジュズーカスコープアップ

下の写真がMG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)付属のライフルとバズーカを合体させた状態です。このようにしっかりとフィットするように設計されています。問題の持ち手の保持力の弱さの改修ですが、グリップ部を完全に開口することにより保持力をアップしました。わたしはBMCタガネで開口しましたが精密彫刻刀などで丁寧に穴を開けるとよいでしょう。注意すべき点は穴を広げないように削らないと逆に保持力がさらに弱くなってしまいます。

シナンジュバズーカライフルセット1

バズーカ部は数段階に伸縮するようになっており写真は一番短くした状態です。

シナンジュバズーカライフルセット

バズーカのスコープとノーマルスコープを組み合わせた例

シナンジュライフルスコープセット

ライフルのスコープとバズーカのスコープを組み合わせた部分のアップです。一番奥のスコープがバズーカ付属の物で、他の2つがライフル付属のスコープです。バズーカスコープのレンズ部はHアイズ裏面にメタルテープを貼って疑似発光効果を表現していますが作例のように撮影のライティングでライフル本体にグリーンの写り込みが確認できると思います。

シナンジュライフルスコープセットアップ2

ライフル付属のスコープは内側にシルバー塗装後に自作のアルミパーツとHアイズの組み合わせの二重構造にディテールアップしています。

シナンジュライフルスコープセットアップ1

下の写真がライフルとスコープのノーマル状態。前方のスコープはC面を追加して形状を変更しています。また、二重構造にした部分が確認しやすい写真だと思います。

シナンジュライフルノーマルスコープアップ

そして、ライフルの持ち手の保持力の弱さに悩ませて真鍮線を補強材として改修したりした方も多いかと思われる部分。実はライフルのグリップ部をわずかに山の部分を作例のように削ってやるだけで持ち手にフィットさせることができました。瞬間接着剤の点付けを試された方もいるようですが、グリップの山の部分が干渉してすぐにぽろりと落ちてしまうということを伺いましたが、たったこれだけのことで持ち手にライフルを装着して振り回さない限り充分な保持力が可能となりますのでお試しあれ!

シナンジュライフルグリップ

人気ブログランキング

「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。