2009/06/24

完成写真公開!MG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)

完成してから撮影、公開までかなり時間が空いてしまいましたがようやく撮影した画像の編集作業をおえてMG(マスターグレード)シナンジュVer.Ka(カトキハジメバージョン)のアップです。
今回はシナンジュの初期画稿設定イメージを意識して制作しました。下記以降の写真をご覧になって、ん!?デカールは?
と感じた方も多いかと思いますが、今回はあえてデカールは貼りませんでした。
はじめに申し上げておきますが決して面倒だからといった安易な考えから貼らなかったわけではありません。
わたしの主張としてまず第一にデカールを貼るのはリアリティを高めるために配置されるものであり、わたしの感覚としてはシナンジュ付属のデカールは主張しすぎている。かつ大き過ぎる感じがしたためです。今年の夏にお台場で展示される1/1ガンダムの制作過程をネット等でご覧になったかたも多いかと思いますが、たしかにマーキングが各所に配置されているもののガンダムらしさの特徴のひとつであるトリコロールカラーを活かすべくさりげなく配置されているのが確認していただけるかと思います。次に今回は光沢仕上げとしたため光沢地にマッド調のドライデカールがそぐわないのでは?と感じたため。次にシナンジュの初期画稿デザインを意識して制作したのですが参考とする小説版の機動戦士ガンダムユニコーンの表紙並びに挿絵などにマーキングの参考にできる画稿がなかったため、わたしとしてアニメ調のイメージが強くイメージされたためです。

と、なんだかんだと御託をならべてみても結局面倒だったからという理由が一番大きいかも(爆)
シナンジュタイトル
シナンジュフロント
シナンジュフロント
シナンジュリア
シナンジュリア
シナンジュ横
シナンジュ横
今回の制作の目玉ともいうべき頭部。フェイスの小型化、こめかみあたりの形状変更、バルカン上部の開口部を若干広げている。バルカンの真鍮パイプ加工によるディテールアップ。フェイスサイドの形状変更、モノアイの形状変更などをほどこしています。
シナンジュ頭部フロント
サイドからの形状は大幅に変更しています。ノーマルとの比較はこちら→
シナンジュ頭部横
後頭部の合わせ目部はパテにて鋭角に削り出しています。
シナンジュ頭部後
ノーマルの足首部です。各エッジがかなり厚めになっていますね。
シナンジュノーマル足首
各エッジをシャープに削り込んでいます。足首に限らず全体の各部をシャープにエッジ加工しています。
シナンジュ脚部
ノーマルのバインダー部。エッジとディテールの物足りなさが目立つ部分です。
スラスター比較用
ディテールアップとエッジ出しを行い、バーニア部はセンター部にアルミパーツに変更し極限までにエッジ出し後にメッキシルバーを塗装
シナンジュスラスター
バックパックもエッジ出し。外装甲部のほとんどのパーツの裏側はグレーで塗装
シナンジュバックパック
前腕部のアポジモーター(?)はアルミパイプと真鍮パイプを加工したもので二重構造にしディテールアップ。スパイクアーマーの先端はアルミ板を挟み込んでパテをもりシャープに成形しています。アルミ板を使用すると強度とシャープさを同時に実現出来るためおすすめです。腕部のバーニア部はセンター部にアルミパイプでディテールアップ。
シナンジュ腕部
フィン状のスカート部をはじめ腰まわりの各パーツもエッジをシャープにしています。
シナンジュ腰
シナンジュライフルポーズ2
シナンジュライフルポーズ3
シナンジュライフルポーズ
シナンジュシールドサーベル