--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/08

今年もよろしくお願いいたします

今年のお正月は人並みにゆるゆると過ごさせていただきました。遅ればせながら本年も「ガンプラマスターの夢ブログ」をよろしくお願いいたします。

昨年末に新しいツールを購入しました。今ガンプラ(ガンダムのプラモデル)モデラーや他のモデラーをはじめ多くの方々から絶賛の美唄モデラーズクラブ販売の超硬タガネです。主に筋彫りのためのツールですがこのツールを実際に使用してみてその使い易さ、精度の良さには驚くばかりです。他の使用方法としては精密彫刻やかんながけ等に重宝します。よくデザインナイフやカッターナイフなどで行うかんながけでは刃先がしなるためやや面の広い部分をかんがけするとうまく均一にかんながけができない場合がありますが、この超硬タガネを使用すると適度の厚みがあるため均一にかんながけが可能です。このためちょっとした表面処理や合わせ目消しなどにはこの超硬タガネ1本で充分に対応出来ます。この超硬タガネが気になるという方は美唄モデラーズクラブで検索してみてください。

さて、年明けのガンプラ(ガンダムのプラモデル)作業は電撃ホビー2月号に付録として付いてきたガンダムエクシアをアストレアに変更出来る改造パーツでアストレアを進めています。で、下の写真が超硬タガネとアストレア用のプロトGNソードをスクラッチ途中のものです。

タガネ

下の写真はアストレア用ビームライフルの切出し用型紙の一部です。プロトGNソードもこのように型紙をつくって製作しています。実際に型紙を使用してみて組んでみると可動部分のクリアランスに問題があったりしましたから完全な型紙は後日公開させていただきます。

エクシア図面一部

人気ブログランキング

「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→

関連記事

コメント

非公開コメント

gunsinさん、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!

僕はフルスクラッチしたことないのですがCADで設計図描いてプラ板の切り出しするんですね!
勉強になりました!
オイラ、仕事がらCADは得意なんで早速挑戦してみますね!

kotasukeさん
こちらこそよろしくお願いします
図面はCADではなく
ドローソフトでおこしています
CADがあればまた違ったスクラッチ図面の作り方があるのでしょうが・・・

CADが使えるといろんなことができそうですね
いろいろ試してみてください

あけましておめでとうございます。・・って、遅いですね、すいません。

さてここのところの記事で図面を結構載せておられますね。
やっぱきっちりやられてるんですね、すごいです。
私はある程度は寸法取るんですが、ほとんど現物あわせなんで反省してます。

とにかく昨年はお世話になりました。また今年もよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

R☆トータスさん
こちらこそよろしくお願いします。ってレスが遅すぎますね、申し訳ありません。
同じ物を2つ以上作る時には図面を興す様にしています。わたしもほとんどは現物合わせで作ってます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。