2008/10/02

HG(ハイグレード)ガンダムエクシア改造アヴァランチエクシア制作その8

HG(ハイグレード)ガンダムエクシア改造アヴァランチエクシアのスミ入れ とデカール作業が終了したのでようやくHG(ハイグレード)ガンダムエクシア改 造アヴァランチエクシアが完成!
しかし、全体のバランスを見てみてどうしても握り手のマニュピレーター部分が 気になり、急遽握り手のマニュピレーターをスクラッチする事にしました。キットの付属 の握り手マニュピレーターはビームサーベルや大剣を装着させればそれほど気に ならないのですが、なにも持たない状態ではどうしてもディテールが箱のような 印象が強く不自然に感じてしまいます。B-CLUBのハイディテールマニュピュレーターがあればてっとり早いのですが 相肉どこも在庫切れです。今回は完成したHG(ハイグレード)ガンダムエクシア改造アヴァランチエクシアの 一部の紹介とマニピュレーターの制作状況をお伝えします。

その他のHG(ハイグレード)ガンダムエクシア改造アヴァランチエクシアの制作記は↓

マニュピレーターの制作手順として一からスクラッチするのは流石に手間がかかります。 そこでガンダム系のB-CLUBのハイディテールマニュピュレーターをキャストでおこして、それを エクシア用に形成し直すという方法をとりました。下の画像がキャストでおこして大まかに エクシアにマッチするように形成した荒削りの状態です。
これを元にさらにパテ盛りからディテールをブラシュアップしていきます。

エクシアマニュピレーター

手の甲はげんこつ状態だと左側のように折れ曲がる状態が設定となっています。右側はキットの手の甲の装甲でこれからキャストをおこして 画像の真ん中のように切り離し左側のように形成しました。

エクシア甲

さて、ここからマニュピレーター以外で完成したHG(ハイグレード)ガンダムエクシア改造アヴァランチエクシアの一部をご紹介 します
まず頭部ですが、アンテナ部分は定番の削り込みでシャープに加工し、ヘッドサイドの通気孔はキットのディテールを全て削り落として 開口し、センターの仕切り板状の白い部分は0.5mmプラ板に差し替えてさらにシャープに削り込みディテールアップ。画像では確認しづらいかもしれませんが フェイスセンターの白い部分は超硬タガネで段落ち状態に削り込んで小顔となる効果をねらいました。なにせ、1cm四方にも満たない フェイス部分の削り込みには神経を使いましたが、さほど効果的に仕上がっていないような気がするのが悲しいところです。(爆)

アヴァランチエクシア頭部

肩のアヴァランチエクシアユニットは設定通りに可動するように、ポリキャップを仕込んでいます。下の写真の状態からすぐしたの写真のように 可動します。

アヴァランチエクシアショルダー1 アヴァランチエクシアショルダー2

そして、GNコンデンサー格納部も設定通りに可動するようポリキャップを仕込んでいます。制作工程はいずれもプラ板とエポキシパテ、光硬化パテ、 アルテコ(瞬間接着パテ)などで形成しています。

アヴァランチエクシアショルダー3

GNコンデンサーの別カットです。GNコンデンサー部は市販のディテールアップパーツで丸モールド等を組み合わせてさらに加工して キャストで複製して制作しました。

GN粒子コンデンサー

マニュピレーターの制作にはまだ結構かかってしまいそうです。早く完成させて画像をアップしたいのですが、最近仕事が結構忙しく中々時間がとれないのが辛いところです。

人気ブログランキング

「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→

関連記事

コメント

非公開コメント

完成楽しみにしてます☆

gunshinさんこんばんは☆
おーっ完成まであとちょっとですね☆何だかすごく細かい作業しててすごくびっくりしちゃいます!!
手の甲が曲がってる作品は多分はじめて見ます!!肩アーマーもあちこち動かせるようになってるし...何だかMGの改造って思っちゃいました。
完成楽しみにしてます☆

ご返信、ありがとうございます。
私もさっそくリンクを貼りましたのでご確認ください。
手の作成、すごいですね。エクシアへの愛をふつふつ感じます。 

ロイロイさん
コメントありがとうございます。
もう少しで完成です。
がんばります。

ikiさん
これからよろしくお願いします