--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/23

1/00とHGダブルオーガンダム仮組レビュー

1/00ダブルオーガンダムが発売となり早速仮組してみました。以前に組んであったHGダブルオーガンダムとの比較レビューを紹介いたします。 1/100のレビューはプロショップ用のサンプルレビューがちらほらと紹介されてきていますが、自分なりに気付いたところを述べたいと思います。

1/100ダブルオーガンダムフロント

00ガンダムフロント

1/100ダブルオーガンダムリア

00ガンダムリア

まず、HGと比較して可動範囲がかなり省略されてしまっています。特に下半身の可動範囲はHGダブルオーガンダムの方が飛躍的に広い! 1/100ダブルオーガンダムとHGダブルオーガンダムを比べると、当然パーツ数が多いのは1/100ダブルオーガンダムですがディテールに関しても HGと比較して特に際立ったディテールアップ箇所は見当たりません。せめて、GNツインドライブの裏側はなんとかしていただきたかった。 それと、腰回りと胸部のジョイント接続で前後左右にスイングするHGダブルオーガンダムに対し、 1/100ダブルオーガンダムは胸部が控えめに左右に回転可動するのみです。 最近では定番の可動部であるはずの腰部分が一体化されていて腰部分が固定されていて可動しないとは! 唯一評価出来るのは握り拳専用のマニピュレータが付属しているところでしょうか?

一方HGダブルオーガンダムの泣きどころといえばGNシールドが付属していないことですが、 2009年1月発売のHGオーライザーに付属されるようです!
なぜ、ダブルオーガンダム単体で使用されるべき装備が支援機であるオーライザーに配置されるのか?GNシールドを装備し忘れて出撃した ダブルオーガンダムに数カ月遅れで(遅れ過ぎだろ、おいっ!)オーライザーが忘れ物を届けにきてくれるといった事情らしい。まさに支援機!(爆)

00ガンダム比較

さて、1/100ダブルオーガンダムのキモといえるGNツインドライブのLED発光ギミックですが、GNツインドライブ以外にも発光ギミックが 計画されていたと思われる箇所があります。取り扱い説明書には全く触れられていないのですが、 頭部のツインアイと頭部サイドと頭部後方のクリアパーツを介しての発光ギミックです。
下の画像が首パーツを接続する箇所ですが、この下に付属のライトユニットが組み込めるようになっています。ただし、頭部に光を通すには 現状のままでは透明化したパーツを自作しつつ、首の接続方法を自身で考えなければいけないため、かなり大掛かりな改造が必要になってしまいます。 さらに付属のライトユニットはGNツインドライブの2個分しか付属していませんので、頭部の発光ギミックを仕込むためには 自身でライトユニットをスクラッチするか、もうひとつキットをそろえるか、パーツ請求(パーツ請求に対応しているのだろうか?) で取り寄せるしかありません。

00ガンダム首部

下の画像は蓋となるパーツを外した写真です。

00ガンダムLEDスペース

これが付属のライトユニットをはめ込んだ蓋となるパーツです。

00ガンダム首LEDパーツ

頭部に発光ギミックを仕込む場合に第一の障害となるのが写真の様に頭部と首の接続部となるのポリキャップ。

00ガンダム頭部ポリキャップ

次に障害となるパーツが首(左側のパーツ)と接続軸(右側のパーツ)もクリアパーツではないためどうにかする必要があります。

00ガンダム首パーツ

これらの問題を解決してがんばって改造するか、しないかはあなたしだい!(笑)

他で紹介されている1/100ダブルオーガンダムのレビューを見ても酷評が目立つ気がします。 わたし自身の独断と偏見の総評として、素組派の方には不満の残るキット、改造派の方には弄りどころ満載!?のキットといえるのではないでしょうか?

人気ブログランキング

「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→

関連記事

コメント

非公開コメント

はじめまして。
ガンプラ好房の管理人のくろしばともうします。
リンクフリーということで勝手ながら
リンクさせていただきました。
まだはじめたばかりのブログですが
よろしければ相互リンクしていただけないでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。

くろしばさん
はじめまして。
相互リンクのお誘いありがとうございます。
これから、よろしくお願いいたしますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。