--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/03/10

HGガンダムバルバトスルプスレクス制作その1

HGガンダムバルバトスルプスレクスの仮組みをしてみてちょっとがっかりしつつも、とりあえずディティールアップできるところはしておこうと思います。
鉄血のオルフェンズのアニメのガンダムバルバトスルプスレクスは各面がキレッキレのシャープさが際立っていますよね。
なので、鉄血のオルフェンズのアニメのようにガンダムバルバトスルプスレクスの各面のシャープさを際立たせる作業を中心に制作していこうと思います。
制作の計画としては全体の駆動力シャフトのディティールアップ、シャープさの追求、頭周り、吸気口のフィンのディティールアップなどを考えています。

とりあえずまずはガンダムバルバトスルプスレクスの胸回りから始めました。
胸の吸気口のフィンの段落ちモールを追加。
1/100スケールのモールドを参考にしていますのでもう少しディティールアップを図っていきたいと思います。
ディティールアップ方法はBMCタガネで少しずつ彫刻しています。
あと、駆動力シャフトのディティールアップを図っています。これは自遊自在3mm径のゴールドの外側を切り出し、アルミワイヤーを通しています。
割と簡単にディティールアップが出来るのでオススメです。

下の写真は右側が削り込んでディティールを追加したものになります。
ガンダムバルバトスルプスレクス胸

膝の側面のモールドが甘いのでモールドを追加しました。
こーゆー作業が地味で超面倒臭いですね。

下の写真の上の方がキットのままの状態です。
ガンダムバルバトスルプスレクスモールド1


この写真がモールドを掘り出したところ
ガンダムバルバトスルプスレクスモールド2


ちょっとずつディティールアップをしつつ制作していきますが気になるとあちこち気になってしまうので、精根尽き果てなければプロポーションの改修に取り組もうと思いますが今のところ悩み中です。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。