2006/06/01

ギャン製作中2

今日はギャンに付いている
マ・クベの頭の塗装作業。
今回はガンプラではあまり使用されない
技法の「ブレンディング」という技法で塗装しました
この技法の仕上がりはエアブラシを用いるグラデーション塗装に結果が近いかもしれません。異なる色の境目を混色しながらグラデーションを筆塗りで表現するものです。
なにせ1cm四方にも満たない顔部分の塗り分けですからエアブラシでは無理なんですね。単色で塗っただけの顔ではのっぺりとした印象の顔になってしまい立体感がなくなってしまいます。アニメーションのガンダムのキャラクターを観察するとハイライト、シャドウの塗り分けがなされていることに気付くはず。顔の塗装には面相筆の「0」号、「00」号などの筆が作業しやすいでしょう。

下塗り
まず基本色となるMr.カラーの「タン」を塗ります
目入れ
次に目を入れます。人形は顔が命なんて言いますが顔の塗装で一番気を使う所です。白目の部分は単純に「白」を塗るより微妙に「タン」を混ぜた方が自然な仕上がりになるはずです。白目を入れて黒目の部分は今回は「マホガニー」で塗装しました。黒目を入れるポイントは面相筆で点を入れるのではなく、縦のアーモンド形を入れるように塗装して白目からはみ出た部分はシャドウやハイライトで修正した方が自然な感じで仕上げられます。
シャドウ
次に顔のシャドウ部分を「タン」に塗料皿をパレットの様に「マホガニー」をまぜながら塗ります。あごの下、鼻の下、眉下、頬骨の下などに塗っていきます。この時、下の写真の様にティッシュで筆についた塗料を調整しながら塗りこんでいきます。
混色
塗装風景

ハイライト
次にハイライト部分を「タン」に「白」を混ぜながら塗ります。鼻筋、眉上、頬骨、あごなどを塗っていきます。
紅入れ
続いて紅入れ。「ピンク」だけで紅入れをすると場末のスナックのママみたいになってしまいますので、注意が必要です(笑)。「タン」「ピンク」「白」を混ぜながらシャドウ、ハイライトの工程同様に、頬、額、唇などに塗装。

この作業を済ませて基本色、シャドウ、ハイライト、紅の色の境目を少量の薄め液でなでるようにして色の境目をぼかしていきます。
髪の毛も同様に塗装して眉を引いてできあがり。

マクベ
顔塗り完了!!

ぜひ試してみてください。
ギャン製作中1→
ギャン製作中3→
「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
関連記事

コメント

非公開コメント