2006/09/25

ガンプラ技量別製作工程その1

ガンプラ製作工程を初心者〜上級者までを独断と偏見で形態化してみました。
以下の工程を重ねる程、仕上がりがよくなるはずですので、慣れるにしたがい、
挑戦することをおすすめします。
以後、加筆修正の更新をしていく予定です。
ガンプラ技量別製作工程その2→

マーク凡例]
=初心者 ☆☆=中級者 ☆☆☆=上級者 ☆☆☆☆=プロ級

1.☆☆パーツ洗浄
パーツをランナーごと中性洗剤で洗浄する。行程は簡単だが塗装の仕上がりに影響を与えるので塗装を行う場合はした方がいいです。また、部品の表面を磨き込む場合は、部品の研磨後に洗浄します。成形を活かした組み立ての場合は省略する。


2.ランナーからの部品切り離し
これをしないことには、絶対に完成しない工程ですが、部品の切り口によって完成度に格段の差がついてしまいます。
 ニッパーのみの切り離し
 ☆☆ニッパーの切り離し後、デザインナイフ、カッターナイフで切り口を整える
 ☆☆☆ナイフで切り口を整えた後1000番以上のペーパーで磨く

ニッパーでの切り離しの際は薄刃ニッパーと呼ばれる専用のニッパーを使うと綺麗な切り口で仕上げられます。切れ味の悪いニッパーやカッターでは部品をランナーから引きちぎるようになってしまい、凹みができてしまったり、切り口が白くなってしまいますので注意しましょう。


3.☆☆仮組
プロポーションや塗装すべき箇所等をチェックするために行います。塗装しない場合には不要な工程。
 組み立て。はじめてガンプラを作る場合はここで一気に終了するのもよいでしょう。
 ☆☆ダボ切り、連結部の穴を丸ヤスリ等で広げて仮組後、組み立て後に塗装するか組み立て前に塗装する箇所や合わせ目を消す必要がある部分をチェック。ここで注意する点はZガンダムなどの可変型モデルの場合や、マスターグレードシリーズなど部品の脱着が必要となる箇所は説明書で確認しながら注意しましょう。ここを間違えると可変型モデルじゃなくなってしまいます!
 ☆☆☆プロポーションやより見栄えをよく仕上げるための改造、修正箇所をチェックして、構想を練ります。
ガンプラ技量別製作工程その2→
「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→
人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

非公開コメント

ガンプら初心者です

はじめまして

カッターナイフできれいに凹ませてしまいました、、

これって直るのでしょうか

カッターで凹ませた部品の修正法

カッターでうっかり削り過ぎてしまった部品の修正は
部品と同じ色のランナーをペーパーヤスリで削り
瞬間接着剤を削り過ぎた箇所に塗って
ランナーの削りカスを、その上にふりかけた後、
ペーパーヤスリで仕上げれば修正できます。

ありがとうございます!!

そんな方法があったんですね
ランナーもまた活用できるんですね

次回は捨てないようにしておきますorz

初めまして。
近々ガンプラを始めようかと思います。
少し質問があるのですが
①中性洗剤について
これってどれ位パーツに漬けていればいいですか?
洗浄が終った後の洗浄液のふき取り方なども教えてくれませんか?

②細かいパーツを塗るとき
僕はエアブラシとか持ってないのでスミいれやテープで貼る奴をガンダムマーカーなどで塗ろうと思います。
マーカーなどで届かない所は爪楊枝が良いと聞いたのですがどう使えば良いのですか?

初対面で色々聞いてスイマセン。
教えてくれると大変助かります。
お願いします。

ガンプラ初心者です さん
はじめまして

ガンプラモデラーが増えることをうれしく
思います。
自分なりにガンプラを楽しめるようになると
いいですね!

中性洗剤での洗浄は塗装面にわずかに残る
薬品類や油分、手あかなどを落とすために
行いますが洗面器などにパーツがギリギリ浸かるぐらい水をはって洗剤を適当に入れます
パーツに傷をつけないように注意して
軽くまわす程度でだいじょうぶです
あとは洗剤水を捨ててきれいな水で洗剤が
パーツに残らないようよくすすぎます
水分の拭き取りはティッシュで充分ですが
けば立たせないよう注意して、
後は自然乾燥させます

つまようじを使う場合は塗料皿などにガンダムマーカーをだしてつまようじの先端に取り出した塗料をつけて塗装しましょう。

がんばってください

何故?

仮組みが☆二つでゲート処理が☆三つ…おかしくないですか? 仮組みはダボ処理や塗膜のクリアランス確保等あるのに…

それにゲート処理で1000番以上のヤスリって…塗装するのを前提にした初心者が読んだら困惑しますよ。


簡単フィニッシュなら1000番以上処理…って分かるけど、どちらにしろ、塗装前提のと素組み前提を分けた方がいいですね。

通行人さんご意見をいただきましてありがとうございます

わかりずらい表現になっていたようで申し訳ありません
記事を多少加筆修正させていただきます
またご意見があれば伺いたく思いますので
よろしくお願いいたします

当ブログ管理人より