2006/12/08

細部の作業の強い味方拡大レンズ

今日東急ハンズで眼鏡に装着して使用する拡大レンズを買ってきました。
最近はガンプラ(ガンダムのプラモデル)の制作よりもガンダムコレクションに細部塗装や改造を加えることが多くなりガンプラ(ガンダムのプラモデル)より細かい作業で目を酷使してしまい、目の疲れが尋常じゃないことが悩みでした。

単なる歳なのか?そういえばなんとなく老眼鏡を思わせるフォルムです。(笑)

実際に使用してみると中々いい感じですね。3.5倍の大きさに拡大された状態で作業できますので。
最大の欠点は、眼鏡を必要としない目のいい人や、コンタクトレンズを装着しているときはクリップ部分を鼻の穴に装着して使用するこになりますが長時間使用は無理です。鼻の穴が結構痛いです。
いやそれにもまして相当格好わるいです。家の奥方にかなりバカにされました。(笑)
拡大眼鏡

で早速ガンダムコレクションのストライクフリーダムガンダムの細部塗装を仕上げて見ました。

完成品は
GUNDAM COLLECTION DX4 ストライクフリーダムガンダム
ルミナスクリアバージョンのため未塗装のものを塗装しています。部分的にルミナス部分を生かしているため暗い所では発光します。
基本工作は、
歪み修正、バリ取り、表面処理、ホワイト吹き、塗装、スミ入れ仕上げ。
塗装箇所は、
  * ルミナスクリア部分を生かすためスーパードラグーン発射部分とビームサーベル部分をマスキングしてホワイトをエアブラシで塗装ビームサーベルは蛍光ピンク+クリアにて塗装
* 顔の赤の隈取り
* 目を蛍光グリーンで塗装
* アンテナ部
* 手、関節部はゴールド
* 胸部
* 高エネルギービームライフルを設定に忠実に色分け
* レール砲の色分け
* 台座にストライクフリーダムガンダムの型番をマーキング
* その他細部
* 各箇所スミ入れ
塗料はラッカー系を使用。ゴールド部分はエナメル塗料を使用しています。
ストライクフリーダムガンダム

ストライクフリーダムガンダム1

TOPページ→
人気ブログランキング
関連記事

コメント

非公開コメント