2007/02/04

プロモデラーに学ぶガンプラ(ガンダムのプラモデル)制作その3

プロモデラーに学ぶガンプラ(ガンダムのプラモデル)制作その3


前回の記事→
プロモデラーに学ぶガンプラ(ガンダムのプラモデル)制作その1
プロモデラーに学ぶガンプラ(ガンダムのプラモデル)制作その2

前回に続いて、プロモデラーのガンプラ(ガンダムのプラモデル)制作の紹介です。
今回で3回にわたって紹介いたしましたが、このシリーズはこれで完結となります。

スミ入れのちょっとしたコツが紹介されていました。

補足としてスミ入れをしたときに、ベースの色が白などの明度(色の持つ明るさのこと黄色や白、あるいは白が多く混色された色)が高い場合は綿棒などで拭き取ってもややすすけた感じで薄汚れてしまったように残ってしまう場合があります。これはベースとして塗った塗装面に細かい塗料の窪みができ、その上にスミの塗料が残ってしまうためです。
意識的にウェザリング効果を狙う場合は別として、このすすけてしまった塗装面をクリアにする方法はコンパウンドを使用します。この時あまり強くコンパウンドで磨いてしまうとベースの塗装面を剥がしてしまいますので細心の注意が必要となります、慎重に少しずつ磨きましょう。この後使い古しの歯ブラシなどでコンパウンドを払い落としトップコートをかければ完了です。

昨日、ヨドバシカメラでDセレクション「GUNDAM PROFILE HGUCガンダムTR1[ヘイズル改]」という資料を買ってきました。

いや~楽しい!!時間を忘れて読みふけってしまいました。

ヘイズル系の作例、設定資料集としてすごい参考になります。
発行されたのが2006年の4月なので今ではヘイズル2号機やジム・クゥエルはキットとして発売されていますがこの雑誌の発刊当時はまだ、これらのキットは発売されていなかったため
スクラッチした作例が掲載されています。これからこれらのキットを製作する人にとっても非常に参考になるものとなっています。
GUNDAM PROFILE HGUCガンダムTR1[ヘイズル改] GUNDAM PROFILE HGUCガンダムTR1[ヘイズル改]
(2006/03/25)
メディアワークス
詳細

「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→

人気ブログランキング

関連記事

コメント

非公開コメント