--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/03/23

ガンプラ(ガンダムのプラモデル)ディテールアップのアイディアソース

ガンプラ(ガンダムのプラモデル)製作の楽しみのひとつとして、改造やディテールアップをほどこして塗装についてもこだわっていき、世界に2つとないオンリーワンの自分だけのガンプラ(ガンダムのプラモデル)をつくりあげてゆくことがあるかと思います。
もちろん、ガンプラ(ガンダムのプラモデル)の楽しみ方は人それぞれで素組み(ストレート組み・パチ組み)を多くこなしてゆくだけでも充分楽しいといった方やオリジナルの塗装を楽しんだり、一点豪華主義的な一部にこだわったディテールアップを楽しむといった方もおられることでしょう。
このガンプラ(ガンダムのプラモデル)楽しみ方一つであるディテールアップのアイディアソースをお伝えします。

■プロモデラーの作例からのアイディアソース
まず、いちばん簡単なディテールアップのアイディアはホビージャパンや電撃ホビーなどの模型専門誌に掲載されている作例に乗っかることです。
プロモデラーが製作したガンプラ(ガンダムのプラモデル)にプロのカメラマンが撮影した作品ですから、そりゃ−カッコイイわけです。当然そのカッコイイガンプラ(ガンダムのプラモデル)に憧れちゃうわけで、自分ができる範囲でディテールアップをしていく。これを繰り返していくと自然にどこあたりに手を入れていけばいいのか、あるいはどういうディテールアップが自分が好きなのかということがわかってきます。
例えばバーニアまわりとか、装甲部のモールド追加とか、各部位のボリュームアップなどですね。
初心者は少しずつ自分がやれることに挑戦していけばやがて、中級モデラー、上級モデラーへとステップアップできるでしょう。ただ、注意することはいっぺんになんでもかんでもやろうとしない方が無難でしょう。技術がともなわず、つぎはぎだらけのフランケンシュタインのようなものになっては、カッコイイどころか無気味なものになって、モチベーション低下にもつながります。

Zガンダムマスターズ〈2〉—機動戦士Zガンダム ガンプラ製作実例集 Zガンダムマスターズ〈2〉—機動戦士Zガンダム ガンプラ製作実例集
(2006/02)
メディアワークス
詳細


人気ブログランキング


「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→

■イラスト集・設定資料集からのアイディアソース
ガンダム系のイラスト集や設定資料集などからもディティールアップのアイディアが溢れています。「機動戦士ガンダム」、「機動戦士Z(ゼーター)ガンダム」、「機動戦士ガンダムZZ(ダブルゼーター)」、「機動戦士ガンダムSEED(シード)」、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY(シード デスティニー)」シリーズなど各書籍が発刊されていますが、イラストに描きこまれているディテールはキット化されたガンプラ(ガンダムのプラモデル)と違う場合が多々あります。
こういったところをイラストのイメージにディテールアップで再現していくというものです。また、設定集の設定を読込むとMS(モビルスーツ)の性能というものが見えてきます。
そうするとどういったディテールアップのアイディアがでてくるでしょう?
このMS(モビルスーツ)の性能から察するにもっとここは装甲が厚い方がいいのでは?とかバーニアはもっと大きいあるいは小さい方がいいのでは?とか機動性を考えるとここのボリュームはしぼった方がよいのでは?など自分なりの解釈で(妄想で?)ディテールアップの幅が広げられます。
設定に関してはインターネットで「フリー百科事典『ウィキペディア」(Wikipedia)』にほぼ全部のMS(モビルスーツ)の設定が紹介されています。ただ、人気がないMS(モビルスーツ)はやはり情報量が少なめです。例えばボリノーク・サマーン(森のくまさん?)なんかですね。

機動戦士ガンダム0083 ドクメンタ 機動戦士ガンダム0083 ドクメンタ
サンライズ (2006/02/17)
エンターブレイン
詳細


人気ブログランキング


「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→

■テレビゲームからのアイディアソース
最近のテレビゲームは非常に秀逸です。基本的に3Dグラフィックスで製作されていますから非常にガンプラ(ガンダムのプラモデル)製作の参考になります。細かなディテールはマッピング(張り込み画像)なので形状の確認は困難ですが、ある程度のディテールアップのための参考になると思います。また、「あっ、こんなところからバーニアの炎が出てる!」など新しい発見があったりします。
ゲームだけのオリジナルMS(モビルスーツ)が登場するのも魅力的です。PS3の「MOBILE SUIT GUNDAM Target in Sight 」などで登場するジムストライカーなどですね。
欠点としてはある程度ゲームをやり込まないと1機1機じっくりと鑑賞できないことです。ゲームをやり込めば特典として鑑賞モードのようなものがある場合もありますので。実はここ最近ガンダムのディテールアップの参考にと思い、ここ1週間ほどテレビゲームにはまってしまいました。おかげでブログ更新もガンプラ(ガンダムのプラモデル)もおろそかになってしまいました。これでは本末転倒というものですね。まさにミイラとりがミイラになってしまいました。ガンプラ(ガンダムのプラモデル)作りがガンプラになった(意味不明)。こんな状態に陥らないよう注意しましょう。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs.Z.A.F.T.II PLUS

ガンプラ(ガンダムのプラモデル)の魅力は、ミリタリーミニチュア模型や自動車、オートバイクのプラモデルなどと比べてかなり自由度が高いことにあるのではないでしょうか?従来は大抵の場合「男子だけの趣味」といった感が強かったプラモデルというジャンルのホビーが若い女性たちや、若年では小学生からといった幅広いファン層に支持されていることからも、ガンプラ(ガンダムのプラモデル)の魅力が推察されます。
これらのアイディアソースを効果的に使って
ぜひ、自分だけの魅力的なオンリーワンのガンプラ(ガンダムのプラモデル)を目指してみてはいかがでしょう?

人気ブログランキング


「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。