--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/04/28

ガンプラ(ガンダムのプラモデル)におけるウェザリング(汚し塗装)

ウェザリングとは?
ウェザリング(weathering)は、ガンプラ(ガンダムのプラモデル)製作など模型における塗装技法のひとつで、日本語訳としては「汚し塗装」とされています。
ガンプラ(ガンダムのプラモデル)を製作する際、普通に塗装したままでは、スケール感を表現しきれず、実在感がでない事があります。そこで、風雨にさらされた実物の兵器を観察し、「汚れ」、「風化」、「使用感」などの表現を加える塗装技法がウェザリングです。
よく勘違いされがちなのが日本語訳が「汚し塗装」ですが、ウェザリング(weathering)のもともとの語訳は「風化」という意味です。ただ汚れた感じに塗装すればいいと思われがちですが、ガンプラ(ガンダムのプラモデル)の塗装におけるウェザリング(汚し塗装)はモビルスーツが配置された環境を考えてウェザリング(weathering)を行なう必要があります。
例えば、砂漠仕様であれば、砂埃などを中心にウェザリングで表現、寒冷地仕様であれば雪や氷などの付着を考えてのウェザリング、水陸両用仕様であれば水あかの表現などが最適です。また、ウェザリングとは失敗した塗装をごまかすためのテクニックではありません(爆)

初心者に見られる失敗例
よく初心者に見られる失敗例として汚し過ぎてしまっているものをまま見かけます。「廃車置き場の廃車だってもう少しきれいだろ!」とか、
「ゴミ捨て場から拾ってきたガンプラか?」とか、
「汚し塗装じゃなくて、汚れ塗装?」
などと人に言われてしまわないよう注意しましょう。
そして、次に多い失敗例はガンプラ(ガンダムのプラモデル)全体にまんべんなくウェザリングをかけてしまう場合です。こうしてしまうと折角苦労してウェザリングしても表現が単調に見えてしまい、効果が半減してしまいます。
いずれの場合もポイントを考えてメリハリをつけるよう意識しながらウェザリングを行ない、効果的に表現できることを目指しましょう。

ウェザリングの種類
ドライブラシ
主にエッジ部分や凸部におこない、ハイライトを強調する技法。毛先が短い筆で塗料含みの少ない筆を使う場合が多いです。古くなった面相筆の先端をカットして毛先を火で軽くあぶったものが使いやすいようです。わたしの場合は平筆の腹の部分を横に動かして使用することが多いですね。地色より明るい色の塗料を筆の穂先に少量付け、ティッシュでかすれるまで拭き取ってから、擦りつける様に塗料を乗せていきます。エナメル塗料が主に用いられますが、ラッカー系や水性アクリル系を使用することもあります。仕上げのトップコートによって塗料をチョイスする場合などです。塗料に含まれる溶剤が少なすぎるとだまになってディテールを損なうことがありますのである程度溶剤が塗料に含まれていた方がいいと思います。

チッピング
チッピングとはいわゆるハゲチョロ表現のことです。金属部分の干渉で金属部分がむき出しになっている表現効果を狙う場合に行なわれます。やり方はシルバーなどの金属色でドライブラシと同じ要領で行ないます。

ウォッシング
ウォッシングとはシャドーを強調するためにガンプラ(ガンダムのプラモデル)の細かいディテール部分などに塗料を流し込む技法。溶剤で薄めた塗料を全体に塗り、表面の余分な塗料は溶剤を含ませた布やティッシュペーパー、綿棒などで拭き取ります。こうすることで凹部分に塗料が残り陰影が強調されます。ラッカー系塗料で下地塗装を行ってから、ラッカー塗装を侵しにくいエナメル塗料を使用することが多いです。この場合下地塗装をしっかりしておかないとエナメル溶剤がプラスティックをもろくしてしまいます。特にABS樹脂の部品(ガンプラでは関節部分に多く使用されています)には注意が必要で、なるべく余分なエナメル溶剤は速めに拭き取ってしまいましょう。このウォッシングの技法を応用したものがパネルラインや筋彫りなどに塗料を流し込んだもの、いわゆるこれが「スミ入れ」です。

スポッティング
泥はねや水あか表現などに使用される技法でスポンジなどに溶剤で薄めた塗料をしみ込ませて塗装面に軽く叩くように乗せていきます。

パステル
画材用の固いパステルを使用します。パステルにはソフトパステルと言うものもありますので間違えないようにしましょう。数多くの色がそろっていて、埃や泥汚れ、錆や排気のススの表現に、効果的な手法です。紙やすりで粉状にしてから筆でぼかすようにつけて使用します。パステルを使用した筆は使用後はしっかり水洗いしましょう。専用の古い筆があればいいかもしれません。そのままの状態では定着しないので指紋などが付かないよう注意して、トップコートで定着させます。

ペインティング
ガンプラ(ガンダムのプラモデル)自体に絵を描き込んでいくように、雨だれ、錆、塗料の剥がれ、泥はね、ひび割れ等を表現することです。塗料は模型用塗料に限らず、油絵の具などさまざまなものが使用されます、絵心に自信がない人の場合は落書きに見えてしまいかねないので手を着けない方が無難かもしれません(笑)

人気ブログランキング

「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→
関連記事

コメント

非公開コメント

こんばんわッス。
初心者の失敗例はちょっとだけ耳が痛いッスね。
個人的には汚すの好きなんで、そうならないように、がんばります。

私の場合ドライブラシ>ウオッシング>パステル汚し>スポッティング>チッピング>ペインティング
の順番に頻度が高いかも知れません。

すごくわかりやすく解説されていて、すばらしいッス。
私には書けないな~。

R☆トータスさん
コメントレス遅くなり申し訳ありません

R☆トータスのいままでの作品を
見させて頂いてますが、基本塗装が
しっかりしているからこそ
ウェザリングが効果的なんですね

この記事は初心者の方に少しでも
スキルアップにつなげて頂けたらとの思いから
僭越ながら書かせていただいてます(照)

リンクありがとです。

はじめまして、あにです。
リンク有り難うございます。

このウエザリングの記事はいいですねぇ。
すごくよくまとまってて、とても分かり易いです。
参考にさせてもらいますね。

墨入れのときにプラとかしちゃうのが怖いので
僕はエナメル塗料を薄めるのにテレピン油を使ってます。
こいつはプラを浸食しないので(たぶん)
思いきり出来ます。

あにさん
こちらこそよろしくお願い致します
コメントありがとうございました

エナメル塗料の希釈は
ジッポオイルで希釈する方法もありますよね

テレピン油は今度使ってみます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。