--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/05/30

亀製作で亀いっぱい

最近仕事が忙しくなり、もう2週間程もガンプラ(ガンダムのプラモデル)を弄ってない。

しかも奥方がなんだかイベントをやるとかで亀つくってました。亀のストラップです。原形作ってシリコンゴムで型作って、キャスト流し込んで色塗って。結構大変です。安請け合いはするもんじゃないです。

報酬はいっぱい飲ませてもらう(一杯ではなく、沢山の意味ですが(爆))ってことで。

キャストで複製なんて20年ぶりくらいにやったんですが、さて流し込むレジンは何にしようかと、何種類か買ってきてテストしてみました。

まず試したのがクリスタルレジンという商品名のエポキシ系透明レジンを試してみました。 何個か作ってみて気泡を抜くコツがわかるまでいくつか失敗しましたが、透明度も悪くないし気泡が割としっかり抜けているので結構いい感じに仕上がりました。

が、硬化するまでの時間が24〜36時間もかかるので型を増やさないと1日で作られる数に限界があるし、なによりもコストがかかりすぎるということでNG。

ガンプラ(ガンダムのプラモデル)などで1点ものの型取りでしっかりしたエッジを出した透明パーツを作りたい場合にはおすすめです。

次に試したのがウレタン系の透明レジン。これは使い物にならなかった。常温で放置したサイダーがそのまま固まったみたいにどでかい気泡がびっしりとできてしまう。ウレタン系透明キャストについていろいろなサイトを巡ってみたが素人の扱いにはほぼ無理なようだ。これから何に使うか途方にくれる。

次に試したのがウレタン系ホワイトキャスト。これは硬化時間、コスト、仕上がり具合のバランスがもっとも安定していたのでこれでせっせと亀造りに励んでいた訳です。

「ああ〜っ、ガンプラやりてー」

「あっ」ニュアンスの捉えられ方を勘違いされると、 かなりあぶない表現なのだろうか?

わたしは至って普通なオタクです(爆)

人気ブログランキング

「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→

関連記事

コメント

非公開コメント

あはは。
最後の方は笑ってしまいました。

ウレタン配合は仕事で毎日かかわってますが、
気泡は正直大問題ですよね。
硬化剤の量を心持少なめにすると少しましですよ。
といっても少なすぎると固まらないので悲惨ですが。

とにかく奥様孝行にがんばってくださいませ~。

R☆トータスさん
アドバイスありがとうございます
ウレタン透明キャストのいろいろな使用法を
摸索してみます

どうもこんにちは!
いろんなブログを応援させていただいています。
応援ポチッ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。