--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/09/07

ガザC完成!詳細画像アップ

ガザCが完成しましたので詳細画像をアップしました

今回のガザCの制作テーマはハマーン・カーン専用機を想定しキュベレイのカラーリングイメージを基に機動戦士Zガンダムの設定とは違ったカラーリングで仕上げる事、そしてハマーン・カーンのキャラクターをわたしなりのイメージで解釈し華麗さとシャープさを追求するために金属パーツを多様するとともに従来はグレーなどで入れるスミ入れにレッドを使用することで女性らしさを表現する目的でデザインのポイントとしてのスミ入れを試してみました。全体的なプロポーションは腕の延長を行いましたがボリュームアップは行わずあえて華奢なイメージを保つようにしあげています。

ガザCの過去の制作工程は

ガザC製作中1→

ガザC製作中2→

ガザC製作中3→

ガザC製作中4→

自作のアルミパイプ製動力パイプ→

超簡単スミ入れのコツ→

を参照してみてください

頭部モノアイと胸部センサー部は定番のメタルテープで反射させています。モノアイは既成パーツの裏面には貼付けられないのでHアイズのグリーンを使用して十字の筋を追加しています。胸部のセンサー部分はクリアパーツ自体の裏面は湾曲しているのでブルーの台座内側にメタルテープを貼付けています

ガザCタイトル.jpg
ガザC1.jpg

頭部のピンク部分は見た目の情報量を増やすためにベースカラーにワインレッドを下地色として使用し、上塗りしたピンクをコンパウンドで削りこんでエッジ部分の下地であるワインレッドをわずか露出しています。この方法はグラデーション塗装が困難な極めて面積の小さい場所の視覚的効果を高めるのに有効です。

ガザCヘッドアップ.jpg
ガザC5.jpg

腕を約1cm延長したことにともないビーム・ガンを約8mm延長し先端のビーム発射口は2重構造にしました

ガザC4.jpg

胸部以外の動力パイプは自作のアルミパイプを加工して心材に1mmのスプリングを使用していますが胸部のみはアルミラインを使用しています。スプリングを使用しなかった理由はスプリングを使用するとカーブが緩くなりすぎてしまい、だらしないイメージになってしまうため使用しませんでした

ガザC2.jpg
ガザC胸部アップ.jpg

ガザCバックのカット

ガザCバック.jpg

モビルアーマ形態

ガザCクロー2.jpg
ガザCクロー.jpg

ガザC全体はMr.カラーのレッドパールでコーティング仕上げしていますが他の画像ではほとんど確認できませんね(汗)悔しいのでガザCのシールド部分をアップしてみました。ホワイト部の反射がほんのりピンク色に光っているのが確認できるでしょか?

レッドパールアップ.jpg

写真を暗めに撮ってみるとなんとなくパール塗装かな?と感じられるでしょうか?

ガザCパールアップ.jpg

脚部の動力パイプは心材にスプリングを使用しているため稼働させても自然なカーブを描いて動力パイプもリンクします

ガザC足動力パイプ.jpg

機動戦士Zガンダムの設定資料集には脚部のクローは敵機捕獲に使用されることもあるとありますがより捕獲しやすいのでは?と考え猛禽を思わせるような先端にシャープな爪を追加しました。また、クローの裏側はプラ板にてディテールアップをはかっています

ガザCクローアップ.jpg

3つの足爪右側にわずかにみえる2つの穴はバーニアですがここもアルミパイプを使用したものでディテールアップしています

ガザC足裏2.jpg

ナックル・バスター発射口は真鍮パイプでディテールアップしています。2mmの真鍮パイプに2mmのドリル刃をあてて削り込みすり鉢状にしてエッジをシャープにしています

ガザC砲芯.jpg

ガザCの既成パーツでは左手は握り手しかないのですが、ビームサーベルを持たせない限りポージングがしっくりこなかったので開いたマニピュレータをプラ棒プラ板でスクラッチしました。1と2の画像が左手です。手首の心材には真鍮ラインを使用して強度を維持しています。

3の画像はビームサーベルの柄でビーム噴出口は3mmアルミパイプと2mm真鍮パイプの3重構造でディテールアップしています。ビームサーベルを装着した画像をアップしたかったのですが、サーベル部分のパーツをなくしてしまいました(滝汗)これから、バンダイさんにパーツ請求をかけますのでパーツがそろってから画像アップということで(汗)4の画像はバーニア部分でエッジを薄く削り込んでシャープにしセンター部分はナックル・バスター発射口と同様の加工でディテールアップしています

ガザCパーツ.jpg

余談ですがデジカメを新しくしました。以前のデジカメではピントを合わせる事さえ困難で1カットのために何枚写真をとったことか・・・。さすが最近のデジカメはよくできてます。色もしっかりしているし、小さな被写体で、かなり寄ってもしっかりピントがあってくれます。

人気ブログランキング

「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→

関連記事

コメント

非公開コメント

gunshinさん、どもっす!

・・・・すっげぇ~!!!!
超かっこいいじゃないですか!?

細部まで作り込まれていてさすがの一言っすね!
パール塗装もすごく綺麗です。

・・・オラもがんばろっと(汗

あっガザC完成おめでとうございます!
大切なこと書き忘れるところでした(汗

完成おつかれさまです!

昨日見てたんですけど、コメント遅れました、、。<m(__)m>

ものすんごくカッコイイですね~。

お得意の細かい作りこみが細部まで行き届いていて素晴らしいです。

おおお。
カッコイイ!!!

細部の作りこみが効いてて、ポイントポイントに見所が出来てて
とてもすばらしいッス。

ところで、デジカメって何を買われたんでしょうか?
宜しければ教えて欲しいッス。

kotasuke(from 会社)さん
とと。さん
R☆トータスさん
おほめいただきありがとうございます
これからのガンプラ制作への活力がわき
たいへん励みになります!

>ところで、デジカメって何を買われたんでしょうか?
購入したデジカメはSONYのCyber-shot DSC-H7というものです。810万画素、15倍光学ズーム、高感度ISO3200といったスペックですが、中でも1cmまでの接写が可能なマクロ撮影ができるところがガンプラ撮影には有効であるというところが購入のきめてとなりました

gunshinさん、ガザc完成オツです!
ハマーン機らしい気高い塗装っスね。
パール塗装の撮影の難しさも伝わりましたが、
アップ画像の光沢はキレイですね~^^

各部のディテUPや自作アルミパイプが作品の仕上がりを更に高めてますね。
実物観るとパール塗装と共に違う印象受けるんだろうな~。
観てみたい~^^
でわまた~。

ぐっちMAXさん
どうもです
塗装時はほこりが付いた時
爪みがきが大活躍ですよ!
ありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。