--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/10/28

1/100ヘイズル制作その1 ヘイズルヘッド制作過程

MG(マスターグレード)ジムクゥエルをベースとした1/100ヘイズル制作をすすめていますが、1/100ヘイズルヘッドがガンダムらしくなってきましたので、写真をアップします。ヘルメット部分はMG(マスターグレード)ジムクゥエルから不要な部分を削除してフェイス、とさか?部、アンテナ部をスクラッチしています。なぜわざわざヘイズルヘッド作成でMG(マスターグレード)ジムクゥエルのパーツから作っているのか?と疑問に思う方も多いのではないでしうか?普通であればMG(マスターグレード)のガンダムやMk-2あたりから流用すればまだ簡単なのに…と。理由はわたしだけのガンダム、オンリーワンのガンダムが作ってみたかったということ、そしてなによりも流用パーツのためだけにMG(マスターグレード)キットを買うというもったいないことができなかったから…。ようは貧乏症なだけともいいます(爆)。まだ荒削りの状態ですからディテールが完全ではないですが、徐々にブラシアップしていきます。

ヘイズルヘッド全体のフォルムが若干歪んでいるのはプロポーションチェックのために両面テープで仮止めしているだけだからですが、おおよその形状は確認していただけると思います。

1/100ヘイズル正面

アンテナ部はアルミ板をベースとしていますので鋭利な刃物のような先端にしても簡単に折れてしまう事はありません。アルミ板とプラ板を瞬間接着剤で接着していますがこのときアルミ板にデザインナイフで無数の格子状の傷をつけることできっちり接着することができます。この格子状の傷をきっちり入れておかないとうまく接着できませんので、アルミ板とプラ板を接着する場合は注意しましょう。

1/100ヘイズルヘッド横

HG(ハイグレード)ヘイズルとの比較です。1/100ヘイズルヘッド作成の際の参考として常に比べながらの制作をすすめています。もちろんディテールは1/144よりも精度をあげて仕上げていこうと思います。

ヘイズルヘッド比較

スクラッチ部分の素材はプラ板からの削り出しのためプラスティック用接着剤を使用する度に乾燥させる時間がかかってしまいこれだけの工程でも結構時間がかかってしまいました。エポキシパテやポリパテブロックからの削り出しとどっちが効率的なんだろう?今度検証してみようと思います。

人気ブログランキング

「ガンプラマスターの夢ブログ」TOPページ→

関連記事

コメント

非公開コメント

すごすぎます...

gunshinさんこんばんは☆
えーっガンダムの顔自分でつくっちゃったんですか??どうしたらこんなのつくれるのか全然わからないんだけどとにかくすごすぎます...すごく大変そうなんだけど完成を楽しみにしてます☆
MGってすごく高いですよね。わたしもブログはじめる前につくってたんだけどすごくお金かかってたのを思い出しちゃいました。

こんばんわ。
そのパテの方の作業やってる私です。
でも、プラセメントはやっぱ乾燥に時間おかないと後で泣き見ることに
なりますよね。多分ポリパテ削りだしが、一番早いかも知れませんが、
欠けとの戦いになりそうですし、精度出しに苦労しそうです。

プラモデルは、完成までにいろんなアプローチ方法が考えられて面白い。
どんな方法を選択するか、考えるのも楽しみのひとつですよね。

ロイロイさん
コメントありがとうございます
コメントレス遅くなり申し訳ありませんでした
形状を出すのがけっこう難しいですが
がんばります。

R☆トータスさん
どうもです
コメントレス遅くなり申し訳ありませんでした
>多分ポリパテ削りだしが、一番早いかも知れませんが、
欠けとの戦いになりそうですし、精度出しに苦労しそうです。
そうなんですよね、時間はかかりますがプラ板から形状をつくりだすのが一番シャープに仕上げやすいし削り出しの容易さから今回はプラ板からの削り出しを行っていますがプラ溶剤が完全乾燥させる時間が・・・
がんばります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。